Your Account

イーグルライダーは初めてですか?

ご参加ください!
  • Claim Returning Guest Benefits
  • See Your Itinerary
  • Receive Updates About Your Upcoming Trips
  • Faster Check Out
  • Be the First to Know about New Features and Deals
Rent My Motorcycle JPY
予約を開始する

異なる標高のライドで知っておくべき事

  1. 充分な水分補給をする事
  2. 日焼け止めを塗る事
  3. 上昇時には頻繁に休む事
  4. 急な天候の変化に準備しておく事
  5. 自分の限界を知っておく事

ほとんどのライダーにとってのベストは目的地は、スムーズな道路、曲線の道、ドラマチックな風景、混雑のない道のあるところです。そういう理想的なライドの場所は山の中か近くになります。なので劇的な標高の変化を伴います。よくある1日のライドにはたくさん高低の場所も含まれます。少しの前準備で一日の心地良いサドルの乗り心地になります。

ライドするところが高いほど気温が下がる

1000フィートの標高の変化ごとに華氏3.5度の変化があります。(1000 メートルで摂氏6.5C変化します)例えばアルプスのロッキー山脈をライドした時、初めは心地よくても、1日の半ばになると、ハンググリップが最高に熱い状態で作動して、着られるだけのライドギアの下に着れるだけ全てのレイヤーを身に着けているかもしれないません。.

キャンプを計画しているなら特にこの標高の変化はライドに重要です。高くなればなるほど気温に変化があります。8000フィート(2400 メートル)より高いところで一夜を過ごすなら、春から秋にかけて、夜は寒く凍えそうになるのが普通です。

Riding a motorcycle in different elevations

夜間の寒い気温は、快適さだけでなく自転車の信頼性にも影響を与えます。バイクを氷点下の温度の中でなかなか始動できないという声を聞いたことがないわけではありません。多くのバイク旅行者は始動する前に、自分のバイクを日差しの中に押し込んで、マシンを暖めなければなりませんでした。

ライダーたちはその場に応じて彼らの衣服とギアのレイヤーを計画したいと思っています。多分、バイクを降りた時の暖かい帽子を持参することでしょう。バイクに加熱されたハンドグリップがないならば、それは二対の手袋 、軽量でありながら丈夫な夏のライド用と冬の重量のライドの手袋の2種類を用意します。ベースレイヤーを忘れないでください。暖かい場所では低地の湿気を逃がし、寒いときは暖かく居心地の良い場所に保つのに最適です。ベースレイヤーは、バイクのギアが肌に直接こすらないようにして、ライドの快適性を高めます。

高度の影響

一人一人が劇的な標高の変化によって異なる影響を受けます、そして一人の人の経験は旅から旅へ、さらには日々でさえ途方もなく変動することがあります。高所でのライド前夜の飲酒は、脱水症状を早めるだけでなく、感度を増加させます。

高山病の一般的な徴候には、頭痛、めまい、息切れ、嗜眠、および一般的な体調不良が含まれます。これらの症状を体験するのは楽しいことではありません。バイクを操縦している間に、劇的な結果を招く可能性があります。高山病を完全に排除することはできませんが、いくつかのことをすることより、ライドを快適にするのに役立つことが証明されています。

Riding a motorcycle in different elevations

パラセタモール、アイブプロフェンまたはアスピリンは、軽度の頭痛の症状を治療するために使用することができ、これらの症状を経験している場合、乗り物酔いの吐き気や嘔吐を治すことができます。旅行の前に主治医に高山病のための薬を処方してもらえるように頼むことができます。最もよい治療法は順応するのに充分な時間を取ることです。

これらの症状を経験し始めた時にするべき事は24-48時間の間、登らないことです。変化に適応するための時間を体に与えてください。症状がよくならない場合や悪化した場合は、ただちに降りるを選択することをお勧めします。いったん降りたらたら、症状が完全に消えるまで待ってから、もう一度登ってみてください。

メカへの考慮

キャブレターのバイクに乗っているならば、バイクのパフォーマンスは同様に高度の上昇に苦しむことになるでしょう。バイクの燃料が不足しているかのようになるかもしれませんが、実際には上昇するほど酸素が少なくなるので、実際にはバイクの空気が不足して燃焼のためのその空燃比に影響があるでしょう。バイクをあまり強く押し上げないようにすると、エンジンが損傷することはありません。

世界で最も偉大な曲がりくねった道の多くは標高が高いところにあります。だからライダーたちはライドのためにに登ることでしょう。日中は高地でもライドすることができますが、完全に快適になるまで夜間は必ず低地で眠ります。常に水分補給をしておくこと非常に役立ちます。高所での走行前、走行中、走行後にはたくさんの水を飲んでください。また、不快な高さの滞在の前と最中には因子を控えてください。充分に休息を取ってから出かけて、また別の素晴らしいライドの1日を楽しんでください。

EagleRider Privacy Policy

Yes! Please sign me up to receive the EagleRider newsletter and other emails and communications from EagleRider. By providing my personal information, I am consenting to its use and disclosure in accordance with EagleRider’s Privacy Policy. I further consent to its use to serve targeted ads to me including via social media. I understand that I may withdraw my consent and unsubscribe from receiving future communications at any time. Consent is being sought by EagleRider.

For a better experience, please consider using one of these browsers.