Your Account

イーグルライダーは初めてですか?

ご参加ください!
  • Claim Returning Guest Benefits
  • See Your Itinerary
  • Receive Updates About Your Upcoming Trips
  • Faster Check Out
  • Be the First to Know about New Features and Deals
Rent My Motorcycle JPY
予約を開始する

グループライド:6つの安全なライドのヒント

私たちはみんなバイクに乗るのが大好きです。その喜びを友人と分かち合うより良い事は何でしょうか?

バイクが増えて、グループになると、ライドは複雑にダイナミックになります。以下は他の人とライドするときの大切なヒントです.

Group riding tips for motorcycle touring

1. ハンドシグナル

ヘルメットの通信機で通信するライダーもいますが、ほとんどの人はハンドシグナルを使います。ハンドシグナルでシンプルなメッセージを伝えることができます。ライドで基本的なハンドサインを把握しておいてください。

手を上げて、手のひらを下にして下ろすのは徐行です、足で右や左の障害をさすのは後ろのライダーに前方に障害があることを喚起します。たくさんのサインがあります。スタンダードなサインを使うグループも独自のサインを使うグループもいます。全て使えますが、大切なのはみんながサインを知っておくことです。

Group riding signals for motorcycle touring

2. 情報

バイクに乗る前に、みんながあなたの行き先を知っている事を確認してください。グループが離れ離れになることがあります。どこに向かっているのか、どこで休憩をするのか、離れ離れになった場合どうするのか、という事について話し合いましょう。携帯の番号を交換し、最新の計画が明確であることを確認してください。.

Group riding tips for motorcycle touring

3. 安全性

ずれてください。道路の車線はとても広いので、一方のライダーが左の車線を、もう一方のライダーが右の車線を取ることができます。他のライダーはそのパターンをたどり、ずらした走行形態を作り出します。これにより、各ライダーとその真後ろと真正面にいる人々との間のスペースが広くなるだけでなく、さらに視認性も向上します。

Group riding tips for motorcycle touring

広けた道では列を伸ばして、町を通過する時は狭目にして大丈夫です。そうすれば、他のライダーが青信号で通過しているのに、グループの最後尾が赤信号で離れてしまう事になりません。高速道路で広がると、他の車がバイク1台、2台が通過できるスペースができます。追い越したいと思った時、そうする為の唯一の方法は、急いで飛ばしてグループ全体を追い越すことですが、忍耐力がない時にすると危険です。少しずつ通過させる方がみんなにとって安全です。

4. 周りの状況

大きなグループになると、リーダーがみんなに目を配り、後方で何かトラブルが起こった時、止めることができません。見失ったら、スピードを落とすか、停止して、追いついてくるまで待ちましょう。待ちましょう。もし、時間が経っても見つからないなら、戻りましょう。彼が妥当な時間内に現れない場合は、戻ってください。ライダーが荷物の紐を締めるために停止しなければらならかったのかもしれません。タイヤのパンク、または別の機械の問題があったのかもしれません。どうであれ、遅かれ早かれ彼があなたに追いつくだろうと考えながら、ライドし続けないでください。ライダーは自分の世話は自分でします。

Group riding tips for motorcycle touring

5. グループダイナミック

いつもライドの準備が最後になる人が、いつもあなたなら、みんなをイライラさせる事になります。あなたがバイクに乗り、ヘルメットを着けるまで、誰もバイクに乗れないなら問題です。他の人がまだリラックスしている間に乗る準備をし始める必要があります。出したいと思っているものをバックから出す事を忘れるべきです。みんなから文句を言われる人にならないようにしましょう。

Group riding tips for motorcycle touring

6. 心地よい範囲

あなたのグループのライダー達と同調し、調整させることは大切な事です。自分の能力を超えたライドをしないことも同様に大切なことです。リーダーが速いペースで行動しているからといって、あなたが、安全にできない場合、合わせる必要はありません。彼らのペースではなく自分のペースで乗りましょう。ペースが速すぎる場合は、自分の快適なスピードに減速してください。前方の人が注意を払っているならば、連鎖反応で減速してくれるでしょう。機会があるなら、こういう問題について議論して、遅く走るグループと速く走るグループのプランを立てておきましょう。注意して走る事を誰もからかいません。もしそういう人がいるなら、初めから一緒にライドするべきではありません。.

友達とライドしたり、新しい友達とするライドは、この2つは人生が与えてくれる最高のものです。さあ、一緒に思い出を作るために飛び出しましょう。生涯に渡る絆を築きましょう。

EagleRider Privacy Policy

Yes! Please sign me up to receive the EagleRider newsletter and other emails and communications from EagleRider. By providing my personal information, I am consenting to its use and disclosure in accordance with EagleRider’s Privacy Policy. I further consent to its use to serve targeted ads to me including via social media. I understand that I may withdraw my consent and unsubscribe from receiving future communications at any time. Consent is being sought by EagleRider.

For a better experience, please consider using one of these browsers.