Your Account

イーグルライダーは初めてですか?

ご参加ください!
  • Claim Returning Guest Benefits
  • See Your Itinerary
  • Receive Updates About Your Upcoming Trips
  • Faster Check Out
  • Be the First to Know about New Features and Deals
Rent My Motorcycle JPY
予約を開始する

同乗者がバイク旅行をエンジョイできる7つの方法

バイクに同乗する仲間がいるなら、あなたはとてもラッキーです。バイクに同乗者と一緒にライドすることは楽しい絆を結ぶ体験です。一緒にライドした経験がある長年の人がいうには、二人乗りで一緒に旅行するのに、少し練習が要ります。プロのように一緒に旅行するためのヒントをいくつかご紹介します。

楽しいは同乗者、楽しい旅行

旅行を計画する時、常に同乗者の快適さと安全性を念頭に置いておくことをお勧めします。同乗者はあなたのようにマシン直接触れているわけではないので、彼らの視点から、質の高いルートと仲間を選択し、頻繁に停車することで快適に過ごすことができます。暖房付きのシートと背もたれ付きのバイクを選択すると長時間サドルで快適に過ごせます。そして、快適な保護ギアの服を着用しましょう。

バイクをよく整備しておく

正しいバイクを選ぶことは、同乗者の為の重要な要素です。当たり前ですが、バイクのエンジンの大きさと装備の両方が、二人乗りの為に造られることを確認してください。長い旅行を計画している場合は、同乗者が座るサドルがであることを確認してください。彼らが動き回るのを防ぎ、臀部の痛みではなくライドの喜びにもフィーカスできます。選択したバイクには同乗者の足のペグがあるべきです、そして快適さのために、トップボックスまたはダッフルバッグがあれば同乗者の腰痛を避けるのに理想的です。

イーグルライダーでは、背もたれ、追加の荷物入れのオプション、ディスクロックなど、さまざまな追加オプションを提供しています。一般的なレンタルモデルとその比較の詳細については、人気のハーレーダビッドソンバイクのモデルガイドを参照してください。.

マシンによってサドルのスタイルが異なります。その中には非常に高く同乗者を運び上げるものもあります。したがって、身長差が極端な場合、それらについても検討してください。長い旅行にバイクを借りるならば、同乗者をバイクのディーラーに連れて行くか、選ぶ予定の1日レンタルをして、同乗者が高い座席や低いフロントガラスの風が大丈夫かどうか確認しておきましょう。細心の準備が素晴らしい休暇と悲惨な休暇の差になります。

基本からスタート

良い同乗者になる方法をパートナーに教えることは重要です。まず、バイクに慣れることから始めましょう。持ち物を収納する場所、高温の排気管を避ける方法、座席のヒータースイッチ、スピーカーなどの場所などを教えます。マシンを理解することは、ツーリング中の乗り心地の度合いに影響します。

次に、同乗者にバイクのまたぎ方を教えます。左側から乗るのが一般的です。左はサイドスタンドがある場所で、バイクが少し低くなるからです。バランスをとりながらバイクを直立させて乗るのか、バイクをサイドスタンドに乗せた状態で乗るのか、そして真っ直ぐにを立てたまま乗るのかは、あなた次第です。(後者の方法は、腰や脚があまり柔軟でない同乗者にとってはより簡単ですが、運転手にとってはより手間がかかります。)

最高の同乗者になる方法

次に、ライドの仕組みを同乗者に話しましょう。ハンドルバーを押すとバイクが反対方向に傾くなどの簡単なことです。同乗者が停車中または低速で急な激しい動きをしないことなどを理解することが重要です。あなたが決めたある程度の速度を超えると、より大きな調整をしても良いことを説明してください。ドライバーを助けようと、曲がり角を曲がることやバイクを止めようと足を突き出すことが良くない理由も説明してください。最高の同乗者はあまり動き回らず、体でなく曲がる方向に頭だけを向けます。

ほとんどの同乗者は、ライド中で何かを握っていることを望んでいるので、バイクやあなたの体のどこをつかむことができるかを伝えることが重要です。運転手の首、肩、または腕の周りに両腕を置いてはいけません。最も快適な場所を教えてあげてください。安全性の問題でもあることを優しく知らせ、最初に一緒に乗り始めるときにしっかりとあなたにつかまって練習しましょう。/p>

通信システムの確立

ヘルメットからヘルメットへの通信システムがない場合、ライダーと同乗者がライド中に通信する方法が必要不可欠です。ライダーの中には、怒鳴らずに、乗客が注意を引くために足を軽くたたくことを好む人もいます。走行中に注意を引くには、どの方法が最も効果的であるかを同乗者に伝えます。単純なハンドシグナル作っておくと、多くの問題を排除しそして道の脇の寄せる手間を省くことでしょう。写真撮影、食事、またはトイレ休憩のためにいつ停止するかをある程度コントロールできることで同乗者もより快適過ごせます。2人にとって効果的通信方法であれば、どの方法にするかはあなた方次第です

ライドのスキルを磨く

二人乗りは、同乗者と運転手の両方にとって脅威に感じることがあります。同乗者を乗せるのに自信がない場合は、旅行を確実にする為に練習することをお勧めします。旅行前にスキルや安全運転のクラスを取って、ライドのスキルをリフレッシュすることはライダーと同乗者の両方に自信を与えるための素晴らしい方法です。バイクの動きのダイナミクスは、2人乗りでは大きく異なります。したがって、あなたの一人乗りが一流のスキルであれば、あなたの二人乗りにも引き継がれます。安全運転の学校で二人乗りのトレーニングを提供ところもあります。

安全性に始まり、安全性に終わる

同乗者が全てに聞こえるかもしれませんが、多くの点で当てはまります。同乗者が快適ではない場合、ライダーも快適ではありません。同乗者は道路、交通、ナビ、そしてバイクの運転をして気を紛らわせることができません。なので不快感がより顕著に出るでしょう。特に初めての場合で長い旅行の場合怖いものです。これらすべてのことが同乗者に多くの動きをもたらし、それは最終的にドライブに転送されます。

バイクはより多くの重量で扱い方が変わります。ピリオンの重さに加えて、追加の荷物もあるでしょう。バイクが期待通りに機能するようにサスペンションを調整します。バイクに当たる風は一人ではなく二人で異なります。通過するとき間違いなくより多くのスペースがいります。バイクの後部に追加の重さがあると、後部ブレーキは停止力が増加するでしょう。時間があるときに、旅行に行く前に、制御された環境で同乗者が乗った状態でバイクの乗り慣れておきましょう。

同乗者を快適かつ安全乗せることは、素晴らしい二輪車旅行にする為の長い道のりです。共有された経験、バイクを乗っていない時に共有した友情は、ライド中でも同乗者幸せな気分にします。うまくいけば次の夢の冒険をしようと、いうのは同乗者かもしれません。

EagleRider Privacy Policy

Yes! Please sign me up to receive the EagleRider newsletter and other emails and communications from EagleRider. By providing my personal information, I am consenting to its use and disclosure in accordance with EagleRider’s Privacy Policy. I further consent to its use to serve targeted ads to me including via social media. I understand that I may withdraw my consent and unsubscribe from receiving future communications at any time. Consent is being sought by EagleRider.

For a better experience, please consider using one of these browsers.