Honda® Gold Wing 1800

Honda® Gold Wing 1800

クロスカントリートリップをお考えですか?ホンダゴールドウィング1800はうってつけのバイクです。空前の人気を誇るバイクのひとつとして、このフルサイズのバイクは30年以上にわたりツーリングパックの先頭に立ってきました。パワー、贅沢さ、スポーティ感を備えた1832 ccモデルは、ツーリングバイクの極意に達するまで磨きをかけてきたことが実感できます。

仕様と機能

ゴールドウィング GL 1800の1832 cc、6シリンダーボクサーエンジンは、5500RPMで118馬力、最大トルクは4000RPMで123ftlb(166.78Nm)という恐るべきパワーを見せる、威圧感のあるモーターです。ところが驚くべき操作性を発揮します。ステアリングは自然な手ごたえで、800ポンド(362.90 kg)という重量が軽々と感じるほど。そしてツーリングに不可欠な快適さにかけては、ゴールドウィングはライダーを決して落胆させません。シートの座り心地は目を見張るほど、足つきもまずまず。ペグは低位置のほど良い場所に配置されています。調節可能なスクリーンと大きなフェアリングで走行風からのプロテクトがカスタマイズ可能。33ガロンの収納スペースで、長距離ツアーに必要な物をほとんど問題なく持参できます。

30年以上の卓越性

1975年にロードバイクとしてデビューしたホンダゴールドウィングは、ツーリングバイクとしての新たなトレンドを開始しました。2001年に発売されたGL 1800は、この10年近くの間に初めて行われたゴールドウィングのモデルチェンジ。2006年型は、エアバッグ搭載の初のバイクとして歴史にその名を残しました。30年の歴史を通じて、ゴールドウィングは根強い人気の本格的ツーリングバイクとしての定評を裏切らないパフォーマンスを見せてきました。

映画出演

ホンダゴールドウィングのさまざまなモデルが、「ブロンクス物語」、「デジャヴ」、「ロゴコップ3」、「特捜刑事スパルタン」、「ポリスアカデミー6」などの映画の他、テレビ番組「Reno 911!」、「Renegade」などに登場しています。

Video Of The Honda® Gold Wing 1800

ライダーの快適さ
パッセンジャーの快適さ
ラゲージ容量
技術詳細
Engine type 1833cc liquid-cooled horizontally opposed six-cylinder
Bore x Stroke 73mm x 73mm
Compression Ratio 9.8:1
Valve Train SOHC; two valves per cylinder
Fuel System Electronic Fuel Injection
Ignition Computer-controlled digital with 3-D mapping
Luggage Rack No
Miles per Gallon 55 hwy / 40 city
MP3 Port Yes (not all have this)
Navigation System No
Passenger Yes
Backrest Yes
Radio/Media Player Yes (not all have this)
Seat Height 29.10 in (73.91 cm)
Saddlebags Yes
Storage Yes
Transmission 5-speed
Weather Channel No
Weight 792.00 lbs (359.24 kg)
Wind Screen Yes
Fuel Economy 55.00 mpg (23.28 km/L) hwy / 40.00 mpg (17.01 km/L) city
7 ユーザーのレビュー (すべて見る) レビューを追加する
Kinnie Sager August 21, 2016 10:09 am

ラゲージ容量

パッセンジャーの快適さ

ライダーの快適さ

Kinnie

I love Goldwings have since 73 when I seen the concept drawings have owned the 14th Goldwing off the production line in 1975 actually 74 was the production Year. Have personally owned three 81' and 82' as well meantained my dad's 82'

0
Ahmad Shaker March 31, 2016 09:35 pm

ラゲージ容量

パッセンジャーの快適さ

ライダーの快適さ

maka

hood

0