Wild West バイクツアー

ガイド付きツアー 15 泊/16 日

お気に入りのバイクからワイルドウエストの素晴らしさを楽しんでください。人里離れた荒野、活気あふれる都市、深い渓谷と高い山々 – この16日間のガイド付きツアーですべてをご覧ください。アメリカ南西部の魅力のすべてをご紹介します。グランドキャニオン、ブライスキャニオン、モニュメントバレー、デスバレー、ヨセミテ国立公園、ロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコを訪れます。ワイルドウエストのツアーを完了すると2000マイル(3200㎞)以上の距離を走行して、素晴らしい道のりや息を呑むような美しい景色を堪能したことになります。ツアーの最後の旅程ではハイウェイ1号線でカリフォルニアの海岸線をビッグサーまで走ります。

ツアー日程

本日ワイルドウエストへの冒険が始まります!ホテルの送迎バスをご利用ください。ホテルにチェックイン後、イーグルライダーの係員がツアーの詳細をご説明するために、ホテルでお待ちしておりますので、お声をお掛け下さい。素晴らしいディナーを堪能した後、明日の旅に備えてゆっくりとおくつろぎください。
歓迎会の朝食後、いよいよツアー開始。イーグルライダーのロサンゼルスオフィスでバイクを受け取ります。 オリエンテーションの後、南西方向に向かい、エルシノア湖まで曲がりくねった道を走行します。昼食後冷たい風を浴びながら山岳の道を走りサンバナディーノ国立公園のサンジャシント山を回り、パームスプリングスに向かいます。パームツリーとナイトライフが象徴のこの町で最初の夜を迎えます。
本日はジョシュアツリー国立公園をめぐり砂漠と美しい色合いの岩層を堪能します。そこからカリフォルニア州のトゥエンティナインパームズを下り、モハビ砂漠に立ち寄ります。そこから歴史的魅力のあるルート66に乗って有名なアンボイのロイズを通り、ルート66の沙漠横断に1日の大半を費やします。ネバダ州のラフリンに入りそこで夜を過ごします。
伝説的なルート66を走り続けてアリゾナ州に向かいます。オートマンで休憩して野生動物を見てからキングマンを目指します。現在は分断されているルート66ですが、キングマンは現存しているルート66の一番長い連続部分の中央に位置しているため、歴史的なルート66の心髄と言われています。キングマンからセリグマンに向かう道もは現在残っているルート66の連続部分としては長いものの1つです。ここはワラパイ族のインディアン居留地を通過する北のループに続いています。セリグマンで昼食を取った後は、壮大なグランドキャニオンを目指します。その雄大な眺めには圧倒させることでしょう!
午前中はグランドキャニオンで過ごして、その雄大な景色を堪能します。その後サウスリムに沿って数キロクルージングしてから、グランドキャニオン国立公園の東口を通って、グランドキャニオンを後にします。次に向かうのは素晴らしいモニュメントバレーです。ここはナバホ族の居留地で、殺風景な切り立った砂岩の丘、聳え立つ岩、赤みががった色の砂に覆われた果てしなく続く大地は古典的なワイルドウエストの地形の典型的なイメージそのものです。モニュメントバレーに到着して、辺りを見渡すと、アメリカ西部のイメージがこの地域から作られたものだと実感するでしょう。そのような風景は他のところにもありますが、この地域ほど完璧なイメージの場所はありません。今夜は丘を下り、この素晴らしい地の心臓部でインディアンの案内と素晴らしいディナーをお楽しみください。
カヤンタからのどからメキシカンハットに向かいます。名前の由来となったのは川岸の砂岩でできた岩柱で、メキシコのソンブレラのような形をしています。この町では短い期間でしたが金鉱騒ぎがありました。バレー・オブ・ザ・ゴッズ(神々の谷)と言われる場所を走ります。ここは映画「テルマとルイーズ」のロケが行われた場所で、コロラド川がレーク・パウェルに流れ込んでいます。レーク・パウエルの湖岸の長さはアメリカの西海岸の海岸線すべてを合わせたよりも長い1960マイル(3136㎞)で、96におよぶ峡谷が入り組んでいます。キャプトルリーフ国立公園の南端を沿って走行し、デビルズバックボーン、エスカランテ自然保護区を通って、今夜の宿泊地、ブライスキャニオンまで進みます。
今朝は美しいブライスキャニオンに立ち寄ってから、ザイオン国立公園に向かってツアーを続けます。ザイオン国立公園では世界で最も美しい岩層が見られますが、それ以外に心を捉えるのはチャレンジに満ちたスイッチバックです。ヨセミテ国立公園やグランドキャニオンより、ザイオン国立公園はさらに自然の力強い息吹きが感じられます。ネオンとギャンブルのオアシス、ラスベガスはザイオン国立公園からそれほど遠くない距離にあります。ラスベガスでツアーを終えるお客様は、ここで「お別れ」ディナーを行います。
本日は1日のんびりとギャンブルやお好きな時間を心の赴くままお過ごしください。明日は早朝出発ですのでお忘れないようにお願いいたします。
ラスベガスを後にして西に向かい、世界で最も気温の高い場所、デスバレーを横断します!木陰はまったくなく、削り取られたような岩層を見せる岩や、切り立った丘の麓に浸食によって作られた深い窪み、独特のミネラルによって古代の平潟が玉虫色のような輝きを放っているのを見ることができます。曲がりくねった山道を走行して海抜より数百フィートも低地のデスバレーの盆地に入ります。本日はさらに西を目指しセコイア国立公園に沿って100フィートしたの海抜レベルから7000フィートのスキー地マンモスレイクに向かうすごい1日となります。
マンモスレイクを後にして、さらに北に少し進んでヨセミテ国立公園を横切る有名なタイオガパスをたどります。全米の国立公園の中でもトップのトップと言われるヨセミテの曲がりくねった花崗岩の渓谷の中をハーレーで進んで行きます。最初の数キロは過酷なカーブが続き、全神経を集中して運転することが要求されます。ヨセミテと聞くと、目のくらむような高さの切り立った崖や山々の風景が思い浮かびますが、実際に目にしてみると、その美しさ、荒々しさ、穏やかさ、豊かさ、崇高さは期待を裏切りません。エルポータルまで進み、そこで宿泊します。
本日は西に向かってサンフランシスコを目指します。ヨセミテ国立公園を後にして、オールドプリストグランデの道、小さな鉱山町グローブランドを通過してゴールドラッシュの地を離れます。湾岸の町マリーン群はカリフォルニアの魅力満載。輝く太陽、砂浜、高い山々、レッドウッドのうっそうとした森林など、贅沢さと自然の美しさに恵まれたこの地域は、アメリカでも最も豊かな地域にランクされています。ここから最も有名なゴールデンゲートブリッジを通って、サンフランシスコに入ります。海岸を走り、フィッシャーマンズワーフに立ち寄ります。この地で2泊します。
本日はサンフランシスコの美しい街をゆっくりご観光ください。ファンキーで個性豊かなアメリカの中でも最も自由を謳歌できる街です。サンフランシスコはヨーロッパ風でたくさんの観光名所があります。ナパバレーのワインツアー、アルカトラスの見学、ケーブルカーやバスでの街のツアーやウォーキングツアーなどがあり、様々な文化や景色をご堪能ください。
今日は太平洋に沿って有名なパシフィックコーストハイウェイ(ハイウェイ1号)に乗って、荒削りな海岸線を見ながら世界最高のバイクライドを楽しみます。モントレーまで走る間、小さな湾や入り江の息を呑むような美しい景色を堪能します。モントレーには世界に知られるラグナ・セカのレーシングサーキットがあります。また見ごたえのある水族館もあります。この地域の海岸線は非常に美しく、写真撮影に適しています。モントレーで一泊します。
ビッグサーの崖淵に沿って景色の良いハイウェイ1号線での走行を続けます。90マイル(144㎞)におよび、未開発の岩がちな崖とレッドウッドの木立が渓流に沿って見られ、青く輝く太平洋の上にはサンタルチア山脈がそびえています。ビッグサー海岸に沿って予定の距離を半分ほど進んだ地点にエサレンの町があります。その名前の由来は荒立つ太平洋の高波をさらに越える高い崖の上に住んで温泉などを楽しんでいた古代先住部族にちなんだものです。サンシメオンをクルーズし岩にいる象アザラシを見ます。カンブリア、モロベイを通過し、ピスモビーチに向かいます。
本日は太平洋と湾岸の山を挟んだハイウェイ101号線に乗ってロサンゼルスに向かいます。サンタバーバラでお茶した後、再び101号線に戻り マリブに向かいます。そこから32キロの距離にサンタモニカとベニスがあります。サンタモニカはロサンゼルスの最古で最大のリゾートで、かつてはワイルドな海辺の遊び場と言われていましたが、今では自由で健康なライフスタイルを好む人々のコミュニティとなっています。ベニスビーチはベニスの観光名所で、ロサンゼルスでもここのボードウォークほどオープンで広々としているところはありません。ここからイーグルライダーの本社、ホーソンに向かいます。ここでバイクを返却してホテルに戻り、お別れディナーで今回のツアーの素晴らしい冒険を振り返ります。
出発。ロサンゼルス空港まではホテルの送迎バスをご利用ください。
11 ユーザーのレビュー (See All) レビューを追加する
Giovanni Rossello September 1, 2016 02:15 am

Tour fantastico!

Un tour indimenticabile attraverso panorami e città da urlo, con il valore aggiunto di percorrerlo con la mitica Electra Glide, una sorpresa per me che non sono Harleysta.
L' organizzazione Eaglerider è stata perfetta soprattutto grazie al nostro tour leader Stefano che ci ha guidati con esperienza e carisma lungo il percorso, facendoci divertire in tutta sicurezza e grazie al nostro angelo custode Willy che ci ha supportato a viziato per tutto il tour. Da consigliare assolutamente.

0
Adriano BRUSEGAN July 17, 2016 01:49 pm

Tour indimenticabile

Tour da 10 e lode, Stefano una guida preparata gentile e sempre disponibile, Will il nostro angelo custode che tiene tutto sotto controllo dalle retrovie e non ci ha fatto mancare nulla. E' un tour che consiglierò a tutti i miei amici e non. Mi considero fortunato perchè oltre a questo ho trovato dei compagni di viaggio eccezionali con i quali ho intrapreso un amicizia che spero vada oltre. Grazie a tutti e spero in un altro tour quanto prima.

+1
Loading...